親族のみの結婚式 結婚準備ブログ > 親族だけの結婚式のドレス選び:お色直しと準備






親族だけの結婚式のドレス選び:お色直しと準備

第一回目の打ち合わせの次はお楽しみの、ウェディングドレスの試着でした。

実はですねー楽しみで夜もなかなか眠れず。けれども珍しく、
朝はきっかり&すっきり起きれたのですよ!!
旅行の前の楽しみに似ていましたね(*^_^*)

ウェディングドレスについては一度目の結婚式の、
20代の時にたくさん試着をさせてもらったので、何度も足を運んで
ドレスを試着しまくるぞーーー!!というまでの気合いはなかったです。


自分に似合うもの且つ前回着ていないもの
ある程度絞り込んで着てみようと思っていました。

マーメイドドレス.JPG



親族だけの結婚式は、私は白ドレス一択!です。
パーティーウェディング形式にしたいので
お色直しをするとその分ゲストと接する時間もなくなりますし。。

おいしいお料理は口に持っていけなくなるし…経済的観点とか…
私自身はこの料理とお金に関する欲望が、お色直し欲より勝ってしまいましたね。

カラードレスや和服をどうしても着たい人は
少人数ウェディングでもお色直しはする人もいるみたいですね(*^_^*)
なので、自分次第でいいんじゃないかと思えるところが、
30代花嫁なりの心の余裕?というか、成長だと実感。。


↓20代の時…お色直しカラードレス

カラードレス.jpg


20代の時は白ドレスもカラードレスも2次会ドレスも…
プリンセスタイプという、腰のラインからぱーっと広がるタイプのみでした。


違うタイプのドレスも着たいと思い。
Aラインと呼ばれる、ドレスの裾の広がりが少なめのシンプルで且つ
大人っぽいゴージャスなものがあればいいなと思いました。

今度はそのイメージを写真で具体化するといいでしょうね。
私は前回の結婚準備で試着しまくった写真(デジタル)を開き、
こういうラインがいいとか妄想(?)をふくらませていきました。

dropbox(ドロップボックス)という、スマホとファイルを共有出来るシステムに、
気になるドレスの写真を入れて、スマホでも見れるようにして
ドレスショップに向かったのでした。

レンタルドレスショップに入ると結局は、目の前のドレスに目が行ってしまい、
保存していた写真データを使うことはなかったのですが…
予めこういうドレスを着たいとイメージを持たせることは大事だな、と思います。

Googleでウェディングドレスと検索し、画像のみを見るのもいいと思いますし、
結婚情報サイトを見直してウェディングドレス特集をチェックしていくのもいいかと思います。
私はこれでも妄想を膨らめました(^_^;)



ドレスの試着については以後続きます♪

ウェディングドレスの決め方










親族のみの結婚式 結婚準備ブログトップページへ


2013年04月01日 | 30代花嫁のドレス選び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。