親族のみの結婚式 結婚準備ブログ > 親族だけの結婚式-打ち合わせ






必見!結婚式の費用が膨らむ3つのポイントと対策方法

自分で言うのも何ですが、結婚式前の花嫁ってホント忙しいですね(^_^;)
結婚準備で買ったものもレビューしていきたいのですが、まとめておらずすみません。。
必ずアップしますので楽しみにしていてくださいね!!


↓カワイイフィンガーレスグローブ、5営業日で出荷された模様❤





さて、今日はですね。ちとシビアな出来事があったので
結婚式の費用が膨らむポイントと対策方法について情報共有します。

26歳の時の大型結婚式といい、34歳のファミリーウェディングといい、
ドカン!と結婚見積が増えるのはこの3つです。

  1. 会場装花やブーケなどのお花関係
  2. 結婚式披露宴の写真やDVD・プロフィールビデオなど映像系
  3. ウェディングドレスやタキシードなどの衣装系


それぞれの所感と対策方法を書いていきますね。

スポンサーリンク






1.結婚式の装花費用を押さえるポイント



お花関連は本当に手強いです。ついつい高額化するポイントに違いないです。
結婚式場はここで儲けているのでは?!と、本気でに思ってしまいます。。

会場装花やお花の費用がかさむ理由は簡単です。
披露宴や挙式会場に必要なお花の装飾ラインが分からないから


私自身も20代で一度目の結婚式を行ってからは、
友達の結婚式にゲストとして10回ほどお呼ばれをしました。
その時の経験からすれば、細かいことは覚えていないです(^_^;)

美的感覚の優れた人だともしかしたら。
装飾が足りないとか思う人もいるかもしれません(余計なお世話だけど)。

ただ私みたいに美的凡人で、
結婚式にお食事や花嫁ドレスが楽しみで行っている場合はですよ。正直…
会場装花どこについていたかは本当に覚えていないです!!

そんな私でも、会場装花の打ち合わせで担当者のこんな一言に。
お花を追加していかなきゃいけないんだと。
パブロフの犬のごとく、追加ゴーサインを出してしまいそうになりました。

こういうところにさりげなくお花を飾っておくとですね。
ゲストの方に評判がいいんですよ。



会場装花の打ち合わせは、担当のブライダルプランナーさんではなく、
専門スタッフとの打ち合わせでした。

なるほど、会場装花の打ち合わせをプロ(専任担当)と行うことにするって
うまくできてるよな、って思いました。
だって、説明がうまいですもの。私も何度誘惑に引きこまれたか。。
ダンナさんがストッパーになってなかったら…と思うとドキドキします。


◆気持ちが揺れた会場装花オプション5つ
  1. 新郎新婦席の後ろのスペースにお花を付けたほうが華やか(万単位)
  2. ケーキ入刀のナイフに飾りでお花を付けるのが一般的(万単位)
  3. 結婚式場のゲスト席だけではなく式場両側の壁にお花で華やか(万単位)
  4. ワンフロア貸切挙式⇒女性お手洗いの洗面台にお花(4,000円くらい)
  5. ウェディングケーキ(生)周辺にお花は必須(万単位)


これだけで軽く20万円ほど増えた気がします。だいぶ押さえたのですが…


もちろんですよ、お花はナマモノなので、仕入れる場合に手に入りにくいお花は
希少価値が高いのでそれを見越した価格設定ってのは…まぁしょうがないことでしょう。
お花にこだわる人はそれでもいいと思います。けれどもそれでも…

明確な意思がないと会場装花は危険!!どんどん費用が膨らみます。

2.映像系 3.ドレス系もある程度は価格が加算されるもの



映像系は長くなるので改めます。ドレス衣装系に関してはまあ…
ウェディングプランで想定されている最低価格のレンタルドレスやタキシードは、
数が少なくてデザインも???なものが多いんです。
だいたいどこの結婚式場でもそんなカンジがします。
(証拠:一度目の結婚式・友達の話)

最初の見積価格はあてにせず、10万はプラスされると思っておくと
後々気持ち的にラクかもしれません。

専門プロスタッフとの打ち合わせで費用が膨らみそうな打ち合わせは、
以下2つが究極的な対策だと思います。

◆結婚式費用を押さえる2つの対策法
  • ダンナ(男性)もしくは両親たち含め、
    お金にシビアな家族を必ず同席&介入させる
  • 納得感のいかない「常識」という言葉には、
    潔くノーと言う。迷わない!







親族のみの結婚式 結婚準備ブログトップページへ


ファミリーウェディングのイメージ作り

結婚式3ヶ月前から結婚式場との打ち合わせが始まります。
日程は3月31日の日曜日。3ヶ月前っても、ギリギリですねぇ…

横浜でも新しく出来たホテルタイプの式場になります。
ブライダルフェアの時に案内をしたのは男性でしたが、
ウェディングプランナーの担当者さんは女性になりました。

ラッキー!人生初の結婚式の時も女性の担当者さんだったので
個人的には同姓同志の方がテンションも近いし、
いいなーと思っていたのでした。

…ということで、担当者さんとは初対面です。
外見もお声もかわいらしい女性。よかった×2(*^_^*)

打ち合わせは3時間です。
ドレスの試着も同じタイミングでしたいと伝えていたので、
結婚式の打ち合わせが9時から3時間の正午まで。
30分の休憩をはさみ12時半からドレス…のはずが…

すっかり12時半になってましたよーー!!
まあ得てしてそんなものですよね(^_^;)ただ、ビックリなくらい
3時間があっという間でした。


◆結婚式3ヶ月前の打ち合わせのアジェンダ
・結婚式契約内容の再確認
・招待状の手配について
・結婚式と披露宴(パーティー)の席次や流れ
・2ヶ月前の打ち合わせまでのやること確認
・打ち合わせのスケジュール


特に幸いだったのが、通称披露宴・結婚パーティーのイメージが作れたこと。
担当者さんの作成した披露宴のタイムテーブルを元に
やりたいことを伝え、どんな流れになるかを相談していきました。

◆やりたいことリスト
・親族のみなので、アットホームなパーティー(食事会)にしたい
・メイン料理の時はプロフィール映像(自己作成?外注?)を流したりして黙々と
 メインを堪能できるようにしたい⇒自分も
・ダンナの作った家系図を配りたい

司会者は立てるつもりはないという話もしました。すると流れ的に、
およその仕切りというか、司会は担当者さんがしてくれることに!
かわいらしい声と雰囲気の持ち主の女子です。
適任すぎる!!ラッキー!!

インターネットというか巷では、
親族だけの結婚式、ファミリーウェディングは
新郎新婦が仕切る
…と語られているのですが、かなり不安でした。
ダンナ自身は目立つことが好きではないタイプですし、
私は目立ちたいタイプ。するとず〜っと新婦がしゃべりっぱ(笑)

食事をみんなで堪能したいのに!出来ないじゃないかー!
と危惧していたのです(^_^;)

「プロとしているワケではないので満足いただけるかどうか…」
と謙遜されていた担当者さん。けれど、私達もダイレクトにお話している人なので、
担当者さんに司会というか、仕切りをお願いしちゃいました。

プランナーとの打ち合わせは、いわゆる披露宴もやるような
大人数の結婚式だと月1回と直前打ち合わせで4回なのですが、
親族だけの結婚式の場合、
司会者との打ち合わせやBGM演出打ち合わせもないので、
1ヶ月前の打ち合わせ時に、4回目の最終直前打ち合わせのことも
同時にやってもらえることになりました。

だんだんと結婚式までが近くなってきたと同時に
実感が湧いてきた1日でした。

その後ドレスの試着記事に続きます('∀`)

親族だけの結婚式のドレス選び:お色直しと準備







親族のみの結婚式 結婚準備ブログトップページへ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。