親族のみの結婚式 結婚準備ブログ






親族のみの結婚式のアイテムや演出ご報告

6月の、とあるお天気の良い休日。親族のみの結婚式当日です。

↓結婚準備に使っていたホームページ(アニクリ)にも、このカウントダウンが!!

結婚式当日.jpg


一ヶ月ほど経ち、会場からプロが撮影した画像データが送られてきました。
さすがプロ!映像が上品と言いますか、本当にキレイに写っていて。

親族のみの結婚式の報告を写真と共に綴って行きたいと思います。中でも、
インターネットで手配した結婚準備品の感想も織り交ぜていきますね。

↓当日一緒だったブーケは、ラウンド(丸型)のピンクを中心にしたバラ

丸ブーケはピンクのバラで.jpg


親族だけの結婚式一日の流れ



午後2時からの挙式だったのですが、会場入りは11時15分でした。
式場(ホテル)までは30分少しだったので、朝はのんびりです。
(一番上のカウントダウン「結婚式まで000日」も当日撮っています)

梅雨にも関わらず願いが通じたのか、快晴の1日でした。
会場に着くなりウェットシートで汗を拭いていたくらいです。
ウェットシートはいわゆる制汗剤コーナーにあるようなものですが、
ウェディングドレスのフィッティングの時などに持っていると重宝
しました。


私達のウェディング会場は新しいホテルでして、ホテルの一室を
お支度部屋(ブライズルーム)として使わせていただけます。この部屋は完全にお支度用。
結婚式後は私達夫婦、遠方から来た親戚など5部屋のツインルームを宿泊用に。
1泊1万円前後ですが、日曜日泊特典ということで、結婚式費用に入れてもらいました。
いわゆる、結婚式の成約特典の一つです。

少人数専門&格安ウェディング式場【小さな結婚式】



ブライズルーム.JPG




ブライズルームに入るとさっそく私のヘアとメイクです。
結婚式当日は一般的に、ノーメイクで入ります。

20代の時は結婚式場まで遠かったので、
大きな帽子をかぶってノーメイクを必死に隠しました。
30代になると…なのか、自宅から会場までの距離も近かったからか、今回は堂々と
ノーメイクで街ナカ&駅ナカです(^_^;)


お心付けは到着早々にお渡ししました。ちょうどブライズルームまでは、
担当してくれたプランナーさん(兼司会者)がいてくれたからです。

※参考:親族のみの結婚式にリーズナブル且つ失礼のないお心付けは?!
親族のみの結婚式の結婚式会場へのお心付け

ブライズルームからは、ヘアメイク兼お付きの人とサポーターさん。
二人の女性と色々とやり取りしていくことになりました。


ヘアメイク中に、取引先の方々からの電報が届きました。
おっきな胡蝶蘭と共に電報もいただけました、ありがたいっ!!
飾れそうなものは会場に飾り、電報は名前順で読み上げていただくよう、
お付きの人にお願い致しました。


↓電報と共にいただいた胡蝶蘭。左にはAISU WEDDINGの席次表

結婚式に胡蝶蘭.jpg



ダンナのお着替えは10分ほど。本人の意向により、ヘアセットやメイクは一切なしです。
私自身もどんどん、ヘアメイクが整っていくとなんだかワクワクしてきました。

ほぼ予定通りの13時30分からは、結婚式のリハーサルです。
結婚式では、ダンナさんがインターネットで調べたベールダウンという、
新婦の母が新婦に最後のお支度として、ベールを下ろしてあげるという演出をしました。
その後に、私の父とヴァージンロードを歩くという流れになっております。

ダンナの姪っ子ちゃん(1歳)もリングガールとして、神父さんに私たちの結婚指輪を
届けてくれる大役をお願いしておりました。さすがにグズるグズる!
ダンナの妹さん(姪っ子ちゃんのママ)が、リハーサルも本番も一苦労の様子でした。


結婚式ではやはりベールダウンの母親を見たあたりから、急に涙が出てしまいました!
それを見たダンナさんももらい泣きをした様子。明るく人柄のよい神父さんが、
式の合間中に何度も私達にこっそりとティッシュを手渡してくれたのが印象的です。


リング交換の時は通常グローブは外しますが、
ミュゼのフィンガーレスグローブをしていたのでこのまま決行!
つけ心地もよかったので、結局1日つけっぱなしでおりました。


フィンガーレスグローブは中指の部分にお花の飾りが付きますが、
写真で見ても見映えがよいなーと改めて感じました(*^_^*)

※参考
ミュゼのフィンガーレスグローブを使ってみた

ベールとミュゼのフィンガーレスグローブ.jpg


結婚式では、大きな窓から注ぎ込む太陽の温かい光と空満開に広がるさわやかな
青さが印象的でした。さすが、ブライダルフェアで一発で会場を決められたチャペルです。
遠くに見える横浜ベイブリッジが、私達を祝福してくれているようでした。

結婚式後はフラワーシャワーで送ってもらい、そのまま親族写真撮影へ。
普通の大人数での結婚式だと、親族と友人や職場同僚ゲストの場合は時間待ちしますよね?
親族のみの場合だと、結婚式からお開きまでずっと一緒のメンバーです。それだけに
みんなでこの結婚式や披露宴を作っているんだという印象を持つことが出来ました。

親族のみなさんがパーティー会場へ向かう中、私のヘアチェンジです。
けっこう短時間だったみたいで、ヘアメイクさんは忙しそうでした。
パーティー途中はトイレ休憩がてら中座をする予定だったのですが、
私達のお手洗いの具合から、中座なしで最後まで会場にいると決意しました。

少人数結婚パーテイーのタイムテーブルはこんな感じです。演出いっぱいですよね!


◆親族のみの結婚式パーティーの演出例
・新郎新婦入場
・新郎新婦ウェルカムスピーチ
・プロフィール紹介(プランナーさんの司会にて)
・乾杯(新婦父)
・写真撮影と歓談
・ウェディングケーキ入刀(イチゴいっぱいの生ケーキ)
・ファーストバイト(BIGスプーンでダンナに食べさせてもらいました)
・子どもたちへのプレゼント(アンパンマンのBGMと共にプチギフトプレゼント)
・プロフィールビデオ上映(ダンナが作ってくれた12分の大作!)
・新郎新婦のおもてなし(デザートビュッフェ)
・電報読み上げ
・両親への花束贈呈
・新郎締めのスピーチ
(ここで私にサプライズで、花束をプレゼントしてくれました!)
・お見送り


↓ファーストバイトは通常、大きなスプーンは新婦が新郎に食べさせるみたいですが、
 食べるのが大好きな私なので、あえて男女を逆にしてみましたよ(笑)。

ファーストバイトでビッグスプーン.jpg

エバーグリーン永野で手配したウェルカムボードはA4サイズだったのですが、
結局会場に大型イーグルを借りることなく終わりました。というのが、
ウェルカムボードと一緒に購入したテーブル上に置くための小さなイーグルを活用して、
常に受付のテーブルや、披露宴会場の棚の上に置いていたからなのです。

この演出の変更は、結婚式1週間前に確定しました。なぜなら…
母が10年ほど前に作ってくれたウェルカムドールちゃんが出てきたからです!

ウェルカムドールは男女ペアのワンちゃんぬいぐるみの手作りキットを元に、
手芸が趣味の母が、ウェディングドレスやタキシードを着せてくれたものです。

母は20代の結婚式の時にウェルカムドールちゃんを使った後は、
てっきり処分したと思っていたようです。実は押入れの奥深くに眠っていたのです!!
30代結婚式を機に思い出してもらえて助かりました。。

↓小さなイーグルでウェルカムボードを。式後も玄関にも飾れたり。
 ※参考:親族のみの結婚式向けの賢いウェルカムボード選び4つのポイント
ウェルカムボードとドール.jpg

以上、
涙あり笑いありの、親族のみの結婚式ダイジェストでした!!

久々にブログを書いてみて、
まだまだ書ききれなかった情報の数々を思い出しました。

これからも写真やデータを整理して、
親族のみの結婚式準備についても書いていきますね。












親族のみの結婚式 結婚準備ブログトップページへ


2013年07月21日 | 30代バツイチの結婚式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。